RSS | ATOM | SEARCH
急行きたぐに 8号車パン下 大阪→長岡
 11月16日、(関西線経由で向かった)京田辺での用務後大阪に出てその後乗車したのが「急行きたぐに」です。

 当初の予定は、乗車券の記事(ここをクリック)にも書きましたが、乗車券は、名古屋方面から東海道経由で山科・京都(京田辺に分岐往復)・その後湖西線経由で北陸へ抜けることを想定していたのですが、
・京都で途中下車して京田辺に別途往復する 問題
・なによりも、(京都以西からではない)湖西線経由のきっぷで米原経由で乗車する 問題
などなどあって、とてもそのルートでは移動できない、ということもあって。関西線経由のルートに変更したのは何も「他経由化して出札補充券をゲットしたい」と思っただけではないのです。

 っていうか、いわゆる「きたぐに問題」ですけど、私の解釈では米原以東から山科経由北陸方面の乗車券を持って京都とかから「きたぐに」に乗れるルールであるとは到底考えられませんので、今回「きたぐに」に乗るなら、(浜松)東海道(米原)北陸・・・の乗車券を用意して、米原⇔京田辺を別途往復にしない限り無理なので。

 そうはいってもまだプランが確定していない段階の11月10日に、海浜幕張駅のみどりの窓口で聞いたら8号車パン下がまだ残っている、ということでしたので「京都→新潟」で押さえてはいたんです。乗車券は後日手当てする、ということで。

111117 急行券・B寝台券 きたぐに号 京都→新潟 海浜幕張発券.JPG
※券面右下駅名小印の上、窓口担当者名字の押印については画像処理しました。

 で、これの変更をしっかり失念しておりまして、亀山駅で乗換待ち合わせの時間を利用して大阪発に変更してもらいました。

 例によって「一度席をマルスに戻す。その間に他の人に取られても責任持てませんから。他の中段の席でも良いんですよね?」と窓口氏がおっしゃる。「ご存じだと思いますが、上段が無い中段を希望します、いわゆるパン下、ってやつ。8号車にはあと5席パン下があるはずですけどそれって空いてるんですかね」と伺えば窓口氏、「あぁ、なるほど。上段が無いから広い、っていう区画ですね。・・・他の区画に空きがあるから、そっち先に押さえちゃいましょう。」

 ということで、安心して作業に取り掛かっていただきました。そして出てきたのがこちらです。

111116 急行券・B寝台券 きたぐに号 大阪→長岡 パン下 亀山駅で乗変.JPG

 実乗の場面です。結局は8号車1番中段に乗客無し。8号車は他に数人、といった乗車率。一方自由席車とかグリーン車の方は結構多くの方が乗車していました。というか意外だったのはA寝台に多くの乗客がいらっしゃったことでしょうか。また新潟県内に入って以降は「朝の通勤の足」としての利用者も多く、ホームに滑り込むたびに自由席(急行料金だけ=寝台料金なし、で乗れる、のですよね)乗車位置に多くの乗客の列を見ました。

 記事を書いていて今気付きましたが、海浜幕張の券は証明だけしていただいた状態でまだ払い戻しをしていませんでした。次に東日本エリアに行った際は5880円をカードに戻していただかなくては…。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 22:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
新幹線自由席特急券[大休05] 仙台→小山 仙台駅3F-A1
 11月4日、出張&休暇先の仙台からの帰途東北新幹線の一部を利用しました。小山まで特急券は仙台駅3FのA1窓口で購入。大休05割引適用で、ウイークエンドパスと併用になります。

111104 大休 自由席特急券 仙台→小山(実乗は宇都宮まで)

 小山まで新幹線で行くつもりで特急券は購入したのですが、どうもうまい接続が見当たらず、実乗の場面では宇都宮で改札外に出てそこで無効(前途放棄)しました。宇都宮まででも料金は変わりません。

 宇都宮で餃子をしこたま頂きエネルギーを補給した後は在来線で南下です。そして事件は、宇都宮駅で発生しました(次の記事に続く…)。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 22:00
comments(7), trackbacks(0), pookmark
自由席特急券 徳島→岡山
 10月28日は徳島から岡山まで「うずしお22号」を利用しました。朝晩それぞれ1往復づつある、岡山から徳島直通の「うずしお」、このブログでは2回目の登場、の記憶です。

111028 自由席特急券 徳島→岡山

 高松とか坂出とか宇多津あたりの線形をご存知の方はわかると思うのですが、高松-宇多津間は「バック進行」ですよね。東海管内で言うと静岡近くの「ふじかわ」とか名古屋界隈の「ひだ」といった感じですか。そんなわけで高松からバックで宇多津に向かい、待ち受けていた「南風」に併結、再度「前へ進め」で瀬戸大橋を疾走ってパターンですね。

 ガキなんでしょうかね、併結とか解結とか、とてもわくわくするんですが。いや実際に連結器がどう動いて蛇腹をどうして貫通扉がどうなって、っていうよりも、赤信号が表示されているのに手旗に従って超徐行で進行していく、微妙な速度感が愉快だなあ、と。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 21:30
comments(2), trackbacks(0), pookmark
自由席特急券 (讃)高松→徳島
 10月28日高松に到着後、港を見に行ったりして時間調整(っていうか朝食ですね)した後9時前から高松市内で軽く仕事、そのあとうずしお9号で徳島に向かいました。乗車前に高松駅のMVで特急券を購入、始発なんで自由席です。

111028 自由席特急券 (讃)高松→徳島

 本当は普通列車で行こうともうっすら計画していた(所要時間もそんなに変わらない、特に7号の時間帯は7分前に出て7号着の37分後に到着する4329D、ってのがある)のですが、直前まで悩んでいたわけですが、特急にしちゃいました。根性無しです…。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 21:45
comments(3), trackbacks(0), pookmark
サンライズ瀬戸シングル 東京→(讃)高松
 昨日アップした記事でバレバレですが、10月27日の東京出張の後22時発のサンライズに乗車して四国を目指しました。そのために用意したサンライズの特急券・B寝台券(個)がこれです。6号車8番、下段シングルです。

 浜松駅発のを事前に仕入れていたわけですが、予定変更で東京から乗ってしまうことになりますので、乗車券を変更した際に一緒に、サンライズの乗車区間も「浜松→(讃)高松」から「東京→(讃)高松」に変更していただきました。元々の券は[C制]ですが、乗車券と同様、変更に伴いその表示が無くなりました。また「一旦押さえてある席を機械に戻して新たにアサインするから、万一作業中に他の人に席をとられてしまったらごめんなさい」と担当の方がおっしゃるわけでちょっとひやひやのドキドキもんでしたが、無事に同じ「6号車8番」を押さえられました。

111027 サンライズ瀬戸シングル 東京→(讃)高松 有楽町@3.JPG
※画像をクリックすると無駄に拡大されたりするようです

 実乗の場面です。寝られないと翌日の業務に影響しますので(という屁理屈を作って)21時半近くまで東京国際フォーラムの近くのガード下で「助走」を付けておりまして、ちょっと「助走」の度が過ぎた感じもしますが、無事、入線前にホームに到達、乗車となりました。東京からも結構多くの方が乗った印象ですが、「満員」にはまだまだ遠い状況、道中浜松あたりまで各駅で乗車する方拾うんだろうな、と思いながら、横になりました。

 定刻に発車、すぐ品川駅で停車(時間調整、とアナウンスしていた)。ホームには通勤帰りの方が沢山行列している、その足元が見えました。下段ですからホームからもこちらが丸見えでしょう、慌ててブラインドを下げ消灯。まもなく検札。小田原・熱海あたりまでの記憶はぼちぼちあるのですが、念のために25時(浜松通過のちょっと手前)に仕掛けておいたケータイのアラームも気づかないままふと我にかえれば姫路あたりの爆睡。寝ぼけまなこで岡山駅での「出雲」との解結を見学したりしているうちに瀬戸大橋を渡りあっという間に高松着でした。

「浜松を通過する」って乗り方、学生時代の頃にやったぐらいで、30年ぶりの経験のような気がします(起きていられなかったのがとても残念)。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 19:00
comments(14), trackbacks(0), pookmark
B特急券 踊り子108号 三島→東京 [乗継]
 10月27日の東京行き、往路乗車券は前の記事にもあるように、「紛失再収受」おりこみの凄いことになってしまったわけですが、特急券に関しては26日の出張の帰路、浜松駅窓口で仕込んでおきました(だったら乗車券も一緒に買っておけばあんなことにならなかったのに…)。

 東京での用務先の時間が遅かった(15時半会議開始)こともあり、修善寺踊り子の上り108号で充分なので、静岡→三島の新幹線特定特急券とセットで踊り子特急券を購入したのです。乗継で。これとは別に、浜松→静岡の新幹線特定特急券もゲットです。

111027 踊り子108号 三島→東京 [乗継].JPG

 当該特急券には三島駅での入鋏印があります。よく見ると分かりますが、「新幹線改札」の入鋏です。まあ、経緯が経緯なのでこうなりますわね。

 実乗の場面ですが。この区間を平日に普通のグリーンに乗ると事前購入で950円です。 特急に乗って940円ですから、速いし安い(たった10円、orz)し。快適でした。もちろん自由席利用ならもっと安く行けるわけですが。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 19:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サンダーバード40号 金沢→新大阪 JR九州ネット予約[eきっぷ] 金沢駅@2
 10月21日金沢駅のみどりの窓口2番で求めた、大阪に戻るサンダーバード40号の特急券です。往路と同様、JR九州ネット予約の[eきっぷ]です。

111021 サンダーバード40号 金沢→新大阪 金沢駅@2 JR九州ネット予約.JPG

 本来は乗車券と同時にMVで出すつもりでいたのですが、券売機をどう操作してもエラーとなってこれが出ません。予約番号はきちんとメモしていたのですが駄目。やむなく窓口にまわったのです。

 で、窓口で、JQカードを示して「JR九州ネット予約」の旨を申し上げると、窓口氏は一瞬固まり、奥に引っ込みました。やがて、何やらなマニュアルを携えて再登場で「お待たせしております、九州のは初めてなんで…」と。なんか迷惑かけちゃいました(窓口氏にも小生の後ろに並んでいた方々にも)。

 MVで出なかった理由ですがその後わかりました。JR九州に登録してあった小生の電話番号、微妙に間違っていたのです。もちろん間違った番号を覚えていてそれを入力すれば良かったのですが、機械には正しい電話番号入れるからそりゃエラーになるってもんです。帰ってからなぜ駄目なんだろう、と会員情報を確認してみたところ、市内局番が間違っていたのです。ボケたなあ、と思う今日この頃です。

 なお、登録情報直しましたから、この先は恐らく大丈夫だと思います。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 23:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
サンダーバード9号 新大阪→金沢 JR九州ネット予約[eきっぷ] 弁天橋駅W1
 10月21日の金沢行きは、普通にサンダーバード利用です。新大阪から。

 もちろん、いろいろ考えましたよ。
 ・京都まで新幹線使って、乗継割引でお安くサンダーバードに乗る
 ・米原まで新快速とか使って「しらさぎ」利用!
 とか。

 でも、せっかくなので(って何が?)「JR九州ネット予約」で手配しました。券面にも記録されていますが、19日に予約したものです(1番席が良く空いていたなあ、と)。

111021 サンダーバード9号 新大阪→金沢 JR九州ネット予約 弁天町駅W1.JPG

 20日に弁天町駅W1窓口(MV31の横)で出してもらったのですが、その際「予約番号の控え」のメモがなかなか見つからなくて焦りました。本州で九州ネット予約きっぷ出すの初めてだったし、なにしろこの段取り自体久しぶりだったんで受け取りに何が必要か(EXPに慣れているのでカードだけあれば良いと思っていたフシがある)とかということも忘れてまして。

 「JQカード」使うためだけ、に利用したようなもんです。

 実乗の場面ですが、湖西線に入ってしばらくまでの間は車窓を楽しんでいたのですが、以降寝てたのでよく覚えていません。例によって金沢駅到着直前に我に帰るありさま。着後2階駅ビル直行の改札を通り「ハントンライス」でお昼にしました。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 21:30
comments(6), trackbacks(0), pookmark
手書きのきっぷください 料補 松本→名古屋[乗継]名古屋→豊橋 @冠着  足袋野の鉄道記念日2011その7
 10月18日に松本から浜松に戻る途中に使用するための特急券も、冠着で求めました。

 本来ならばしなのは指定席を頂きたかったのですが、管理駅に電話しても先方にもお客が居て機械があかない、しかも今回は前回の小野と違って時間があまりない、そんな状況でしたから。自由席で構いません、と申し上げました。

 事情はこの駅でも同じようで、早見表とかのグッズが既に無くて、自由席でも管理駅に照会をかけなければいけない、ということでした。面倒をおかけしました。

111018 手書きのきっぷください 料補 松本→名古屋[乗継] 冠着.JPG

111018 手書きのきっぷください 料補[乗継] 名古屋→豊橋.JPG

 券を切っていただいている途中で地元の方が待合室に入っていらっしゃいました。そんな時はいつも窓口氏には手を休めてもらって、普通のお客さんを優先するようにお願いするわけですが、今回はそのお客さんのほうが「いや私は松本までなんだし、降りるときに精算でも良いから、旅の方を優先して!」と。いやまさに恐縮です。結局はその地元の方の券も間に合いまして、二人で、諏訪湖方面に向かう電車に乗りました。

 実乗の場面です。乗車券ですが塩尻までは昨日報告の補片、そこから先は浜松→浜松の多経路出補の利用です。もちろん時間が遅いこともあって豊橋→浜松も新幹線利用、この部分の特急券はEXPYのピポパで名古屋駅乗り換え通路でゲット、15日と同じような流れです。これでこのシリーズは完了です。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 20:30
comments(2), trackbacks(0), pookmark
手書きのきっぷください 料補 豊橋→名古屋[乗継]しなの9号 名古屋→松本 足袋野の鉄道記念日2011その5
 引き続き10月15日仕込みの辰野支線小野駅関連。ここまでの話の流れから今回の記事は「しなの特急券」以外にはありえないのですが、予想通りです。

 時間的に「しなの9号」がちょうどよかったわけですが、これ大阪始発のやつで、時々団体さんが乗っていたりして大化けすることもあったりするので、念のため指定席を仕込みました。新幹線部分は自由席ですが、そのため、浜松→豊橋はきちんと在来線に乗りました。

111017 料補 新幹線特定特急 豊橋→名古屋 @小野(ム).JPG

111017 料補 しなの9号 名古屋→松本 お@小野(ム).JPG

 実乗の場面です。まずはそんなわけで新幹線部分を名古屋駅乗換改札で無効。その後は大阪から来る「しなの」なので、名古屋駅は始発駅ではなくて途中駅。発車直前に入ってきて乗せたらすぐ発車、という感じですから、他の「しなの」とはちょっと趣が異なります。指定席取っといて良かった、というのが偽らざるところで、結構混んでいました。今回のれち氏はきちんとスタンパーを押してくださいました、券面に印影が残っています。

 さて、小野駅の関連はこれで終わりですが、こんな感じなのはまだまだ続いたりします。もう少しお付き合いください。
author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 20:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark