RSS | ATOM | SEARCH
乗車票 ぷらっとフリープラン関東A 浜松→東京(都区内)ひかり506号
 この夏会社の旅費計算の方法が若干改められました。従来は出張命令に書かれた用務先最寄駅を順に「え●すぱーと」に入力して計算した時の第一候補経路と料金等が問答無用で適用され、実際と相違が出てもお構いなし(社員側が不利であっても、です)でありましたが、色々規定が改まった中でも超頭が痛いのは

宿泊を伴う出張ではパックツアーが設定されるものはそっちを使うこと

という、小生にとっては死活問題的な改正。宿はまだどうでもいいのですが乗車券もセット化されますから、乗車券分割するとか、小田急でワープするとか、面白い運用が不可能に。とはいえ、小生の立ち回り先でパックツアーが適用されるのは、普通は「宿泊を伴う東京出張」ぐらいのものです。会社では「パックつぶし」といわれる、回避裏技とかをみんなで考えたりしたのですが、まあ長いものには巻かれるしかありませんので。可能な限り泊らなきゃいいんだし。

 そうはいっても9月21日からの出張はまさに「東京出張で絶対に一泊して翌日帰る」という、教科書に書いてあるような事例になりました。

 本社のほうではどうかわかりませんけれど、こちらの事務所では「東海ツアーズ」がパック旅行の窓口(取扱会社)の一つに指定されたので、14日に新宿経由代々木上原のきっぷを持って東京に出張した時東京駅で一旦改札の外に出て、八重洲口側のツアーズ東京支店でパックを組みました。

 発券された往路分乗車票がこれ(復路分は後日別記事で)。

110921 乗車票 ぷらっとフリープラン関東A 浜松→東京(都区内).JPG

 そんなわけでJT東京A発券です。あとから考えたら14日は代々木上原の用務が思った以上に早く終了したこともあって新宿で時間をつぶすことにもなってしまったため、新宿の東海ツアーズで仕込んでも良かったのかもしれません。「あとのまつり」です。

 実乗の場面ですが、朝弱い私にとっては拷問とも思える時間に起きて駅に行きまして、きちんと予定通りのに乗車。用務先は東京駅のすぐ近くなので着後そのまま仕事場へ。東京駅新幹線乗り換えじゃなくていきなり八重洲口側に出る出口で券を無効にしていただきました。

 でも、皆さんは覚えていらっしゃると思いますが、この9月21日は台風15号が浜松に上陸して東日本を縦断していった(少なくとも身延線を壊しました)日です。東京駅を降りたころから雨脚が強まり、午後2時過ぎにはにはもう首都圏の交通は駄目駄目状態。パックで押さえてある宿に向かうのにそりゃもう大変な騒ぎでして。地震の日の「帰宅難民」を彷彿とさせる光景が広がりました。小生は幸いなことに夜遅くになって宿には着きましたが…。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 22:30
comments(2), trackbacks(0), pookmark
大人の休日倶楽部パス(東日本・北陸)
 9月7日から使用した「大人の休日倶楽部パス(東日本・北陸)」です。前回報告した東京→上田の新幹線の指定席がいわゆる「えきねっとの指ノミ」であったのはこのためです。9月3日に松本駅で購入です。

110907 大人の休日倶楽部パス(東日本・北陸).JPG

 券面左下に、松本駅「指定券発行」印があるのは、9月7日「東京→上田」の新幹線の分です。また9月9日付で有人発券1回・別に機械発券1回の痕跡、9月7日・9日・10日にどこかで乗った痕跡、それから最初の1回分東京駅から新幹線に乗った時のタイムスタンプが券面に残ります。

 上田から先ですが、その先7日は車で長野に送ってもらい以降長野→松本(泊)・8日は松本→八王子→甲府→松本(泊)の行程で移動しましたが全て自由席でしたので指ノミ券とかは残っていません。

 その9月7日、このパスを発券した松本駅に戻ってきた際(すでに松本発の特急が全て出払った21時半過ぎのタイミングで)凄く窓口が空いていたので、かねてからの疑問をぶつけました。そのあたり次回。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 21:00
comments(2), trackbacks(0), pookmark
往復・カルテットきっぷ専用新幹線変更券@豊橋MR23(土日)
9月4日の名古屋行きは、カルテットきっぷのバラを使うことにしましたが、この日は日曜日ということでお安くなっている「新幹線変更券」を求めました。カルテットきっぷ自体は二川から使用開始になっていますので豊橋駅では改札外に出られません故、新幹線乗り換え改札(MR23)でゲットです。

110904 往復・カルテットきっぷ専用新幹線変更券 土日用.JPG

 なにしろ新幹線特定特急券で豊橋→名古屋は950円ですから、半額以下の380円追加で乗れるなんて夢のようです。普通は30分に一本しかない「こだま」でありまして、下手に豊橋から新幹線に乗ろうとすると名古屋到着で在来線と本当にいいとこ勝負になるタイミングもあるわけですが、この日は改札過ぎて15号車まで歩いて行く頃には入線、という美味しいタイミングでした。380円の価値はあったと思います(在来線では「紫の煙」も無理ですし…涙)。

 名古屋駅新幹線改札を出る際「このきっぷで名古屋市内駅まで行ける。ここで出るとこの先無効になるが本当にいいのですか」と聞かれました。なんて親切なんでしょう、前回これを使った時も聞かれましたので、デフォな対応なんでしょうかね(単に苦情が多いだけ??)。

 ※10月23日追記:本件は10月22日アップの記事ですが、「下書きモード解除」漏れにつき、公開が遅くなりました。最近多い事故です、寄る年波には勝てませんのでお許しください。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 23:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
JR名古屋⇔豊橋カルテットきっぷ(浜松の金券ショップで購入)
 9月4日は日曜日だったわけですが、いわゆる「前泊」モード対応のため動きました。とりあえずは名古屋駅に行く必要があったので、浜松駅近くの金券ショップを覗きましたら日ごろ置いてないこいつがありました。

110904 JR名古屋⇔豊橋カルテットきっぷ JT豊橋MR5.JPG

 これと「二川」までの回数券バラを問答無用で購入です。

 浜松の金券ショップに置いてあるのが驚きです。噂話ベースで恐縮ですが「豊橋ゾーン内から浜松に通勤している方が小づかい稼ぎに時々朝買ってきてはショップに卸しているのではないか」とのこと。さもありなんですが、こちらとしてはこれが手に入るのはとてもうれしいわけです。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 22:30
comments(4), trackbacks(0), pookmark
(今頃)夏の18きっぷ結果報告 5回分まとめて
 7月1日に能生駅で購入した18きっぷの実使用が9月3日で終了したので、記事順がその時点まで来たためにいまさらながらですが記録しておきます。

110701 18きっぷ能生駅購入(使用後).JPG

・1回目8月16日 新幹線の静岡駅(静岡まで新幹線ワープ、以降在来線で行ったり来たり)。参考記事化こちら→新幹線でワープ IC乗車券 浜松→静岡

・2回目8月21日 在来線側の三河安城駅(車でワープ)、以降長野方面にゆっくり。途中「快速指定席」に乗ってしまい1110円を追徴されました。参考記事はこちら→北アルプスいろどり

・3回目8月25日は前夜松本入りしていて朝から18で長野県内を行ったり来たり。念のため計算しましたが、ギリギリで原本割れでした(涙)。

・4回目は9月1日。前夜伊那北まで普通の乗車券で進んで、この日は朝から18。「みすず」を使用しましたが岡谷に着くまでレチさんやって来ず(というか超満員でやってこれない、弐学期始業式の日だったのかも…学生凄かった)、岡谷に着いてから進行方向切り替えの合間に車内でサインを。「3523Mカレチ」の記述がうれしい。前回同様長野県内を上下に。その後岡谷に2泊。なお、当該3523Mですが、篠ノ井線内冠着駅で行き違いのために長時間停車しました。うまくすれば、常備券とかを購入できそうでしたが今回は見送り。

・5回目は、2泊した後岡谷から帰るときに使用、9月3日。新作花火のきっぷとか売っていたりしたので使いもしないのを買ってしまいました。参考記事→花火のきっぷください みどり湖→上諏訪→みどり湖 諏訪湖新作花火往復乗車券2011

 仕事の出張で今年も18をガンガン使っちまいました。会社の総務、小生の出張の旅費精算を担当しているお嬢さんがこの記事を見ていないことを祈ってはみますが、十中八九ばれてますでしょうね(涙)。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 20:00
comments(3), trackbacks(0), pookmark
新幹線でワープ IC乗車券 浜松→静岡
 盆明けの8月16日は富士宮とか沼津方面とかに出かけることになっていて、当初目論見は18きっぷ使用。ところが例によって目が覚めたら危ないなんてもんじゃないタイミングで…

110816 IC乗車票 浜松→静岡 無効|静岡.JPG

 今夏も、静岡まで新幹線ワープです。

 計算してみましたが、いろいろと乗下車繰り返したこともあったしで、損はしなかったようです…(浜松→三島が片道で2520円なので)。

 無効印を乗換改札で頂戴して同時に、18きっぷには「(海)(幹)静岡駅」の入鋏になりました。18きっぷについては5回分まとめて紹介します。っていうか、16日が最初の1回なんですけど、ちゃんと全部使い切れましたこと、申し上げておきますです。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 21:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
周遊きっぷ(かえり) 宇多津→沼津
 高松・松山ゾーンからの帰りのアプローチ券です。当然のことながら出発前の7月17日に仕込んだものです。7月25日帰路は一旦浜松で途中下車し、そこから先の分は後日使用しています。

110725 周遊きっぷ(かえり) 宇多津→沼津.JPG

 券面に無効印が無いのですが、実はこのきっぷ最後まで使いきっていません。実使用は三島までで、「三島→沼津」は使用しませんでした。

 今回の松山方面周遊きっぷの往路アプローチ券も「沼津→三島」を使っていません。これは、使っても使わなくても料金が変わらないから、ということに他ならないわけですが。

 さて今回少し意地悪な券の使い方をしています。アプローチ往路券の記事(ここをクリック)を思い出していただきたいのですが、今回の周遊きっぷは「浜松起点」ではありません。浜松起点でダイレクトに宇多津までだと距離が「521.7km」と、新幹線部分2割引きの600kmを超えません。そこで、宇多津より601km以上離れた地点を起点にしたわけです。では、最初の往路アプローチ、沼津や三島までのきっぷはどうなっているのか、とかは、次回の記事で恐らく真相が分かるものと思われますです。勿体ぶりますなあ…すみません。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 22:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
こだま632号 浜松→新横浜
 7月20日からの出張で新横浜までの特急券です。諸般の事情で「こだま」を使いました。特急券部分だけe特急券として手配しました。

※「こだま」にしたのは「ひかり」の指定席が取れなかったからに他なりません。油断すると「こだま」さえも駄目になるところだったかもしれません。

110720 e特急券 浜松→新横浜 こだま632号.JPG

 本来このブログ的には先に乗車券を紹介するルーチンでやってますが、今回は訳アリで乗車券相当は後日に回します。浜松から新横浜までの間にいろんなことが起きるはずな乗車券だけに、ちょっともったいぶります。

 7月20日は久しぶりに猛烈に忙しくあちこちを回った出張でした。詳しくは乗車券版で。

author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 22:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
IC乗車票 京都→浜松 ひかり408号
7月14日奈良出張の最後はIC乗車票で新幹線です。特段目新しいネタはありません。

110714 IC乗車票 京都→浜松 ひかり480.JPG

 浜松駅新幹線改札の「無効印」が新品になったのがうれしい。

 今回の京都奈良(きょなら)関係はこれで終わりです。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 21:00
comments(2), trackbacks(0), pookmark
IC乗車票 浜松→京都 ひかり463
 7月14日の出張に用いたIC乗車票です。 

110714 IC乗車票 浜松→京都 ひかり463.JPG

 こに日はまずは京都、その後近鉄沿線に展開です。

 京都までの分はEX-ICでIC乗車票を用いての乗車です。特段変わったことが無くてすみません。無効印も印影が不鮮明ですしなにも良いことがありませんでした。
author:足袋野 端雄, category:回数券・企画券, 21:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark