RSS | ATOM | SEARCH
手書きのきっぷください 出札補充券 浜松→浜松 大阪・新潟・秋田その他多経由<その2>
 11月15日からの出張に用いた多経路出補、駅に相談に行ったときに、こんなメモを持参しました。経路を、「出補と同じ大きさの紙」に書き出し、駅の作業としては確認して駅名小印を押し、出補に添付するだけ。

111115 手書きのきっぷにくっつけたメモ 日本海周り
※画像をクリックすると無駄に拡大されるようですよ…


 画像を見れば一目瞭然ですが、(浜松)東海道(名古屋)関西(木津)片町(京橋)大阪環状(大阪)東海道(山科)湖西(近江塩津)北陸(直江津)信越(新潟)白新(新発田)羽越(秋田)奥羽(大曲)田沢湖(盛岡)東北新幹線(大宮)埼京(武蔵浦和)武蔵野(南浦和)東北(東京)東海道(浜松)、というのが今回の経路です。

 指折り数えていただければわかりますが、マルスが扱える数を超えております。

 最初は(浜松)東海道(山科)湖西(近江塩津)北陸(直江津)信越(新潟)白新(新発田)羽越(秋田)奥羽(大曲)田沢湖(盛岡)東北新幹線(大宮)埼京(武蔵浦和)武蔵野(南浦和)東北(東京)東海道(浜松)、だったわけですがこれだとちょっと経路数が足りない。どうしても「京田辺」に行く用事があってこれを「別途往復」で考えていたからそうなったわけで、名古屋から関西線で木津から京田辺に行くと一筆書きで経路を組み立てられることが分かって、「関西線で修業」するために3時間早く家を出ることにして、出札補充券になるルートをがっつり回れるようにしたわけですね。

 いえ、実は浜松駅の窓口の方にしてみれば「添付する、経路を書いたメモが出補と同じ大きさである」ということのインパクトは絶大だったようで、「こんな風に気を使っていただいてありがたい」と感謝されました。こちらも、中途半端な大きさの紙がホチキス止めされるならば、この方法が良いな、と思って実行したわけですけれど。各駅の評判もそこそこ。

 ということで、最初は馬鹿正直に小生作成のメモをコピーしてそのまま添付していたたのですが「あとで経路の紙をすり替えた、とかいわれるのが嫌だなあ」と独り言をいった瞬間『あ、駅名小印を押しますから!差し替えないでね』と。差し替える訳ないじゃないですか…。

 で、窓口の方の肉筆によって「確認済み」と加筆され小印押印。その状態で出補にホチキス止めされることになりました。

author:足袋野 端雄, category:乗車券, 19:30
comments(4), trackbacks(0), pookmark
Comment
>>出補と同じ大きさの紙
なるほど賢いなぁ(笑)

hasi, 2012/02/04 8:41 PM
hasiさん

照れるじゃないですか…(自爆)。
たびのはじを, 2012/02/05 8:21 PM
湖西をカットして、
(大阪)東海道(米原)北陸(直江津)
とすれば、マルスで出せるような気がします。
東北幹がダメなら、在来線でも無問題ですし。

湖西線と米原経由は特定区間なので、本来は経路の指定はしません。マルスでは何故か、経路補正しない限りデフォで表示しますが。
恵良引治, 2012/02/06 9:23 AM
恵良引治 さん  いつもすみません。

 浦和のあたりを整理してもマルス対応ですね。おっしゃるように特定区間です。
 この券場合、赤羽→品川の「太線部分」は経路指定していないので、そういう意味では湖西線はすっ飛ばしても良かったような印象です(ではマルスになるので首都圏で寄り道経路を…?)。
たびのはじを, 2012/02/06 8:03 PM









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/922