RSS | ATOM | SEARCH
新幹線のイヤホン
 ちょっと趣を変えて今回は「旅グッズ」を。

 長いこと小生の乗り鉄のスタイルは丸腰(音楽端末とかラップトップとか持たず)で、乗れば爆睡、というようなパターンでしたけれど、受信機を持ち歩くようになって以降割と「手持無沙汰で死んでしまいそう」ということが無くなりました。あとは電波状態の良い場合に限りますがネットに繋いでラップトップで遊んだりするようになりましたが、なにしろ「○モバイル」なので(まあ詳細は書きますまい…)。

 (受信機そのものを記事にしたのはかなり前でしたね、ここをクリック

 さてその受信機ですが、首都圏ではデジタル化が進行し業務的な通信を傍受することができなくなりましたので、最近はもぱらラジオの替わりです。何でラジオを聴くのに何万円もする受信機使うんだろ、と思ったりするんですがまあ。

 一番使用頻度が高いのは新幹線車内ですね、いわゆる「FM新幹線」「新幹線ミュージックサービス」ってやつで正式名称は「新幹線ミュージックチャンネル(JR東海車両)」、「オーディオサービス(JR西日本車両)」というやつです。

 新幹線の普通車だとラジオを持ち込まないといけませんが、グリーン車ではイヤホンのプラグをひじ掛けのジャックに刺すだけです(あ、グリーン車内でラジオで聞いても良いわけですけど)。

 沿線の普通のFMラジオ局の電波の方が強かったりしてFM新幹線が負けてしまうことがあったり、総じて変調が浅いので若干ボリュームを大きめにセットしておかないと聞き取れなかったり、と、ラジオでの使用はそれなりにスリルがあります(グリーン車ではそういうことはありません、電波使ってないから)。

新幹線のイヤホン(正面)

 前置きが長くなりましたが、写真は、新幹線の車内販売で売っている「イヤホン」です。グリーン車の乗客がミュージックなんとかを聴きたいとき用に車内販売で用意しているのでしょうけれども、別にグリーン車に乗っていなくても買えます。ただし、編成中に乗務している全ての売り子さんのワゴンに入っているわけではないようで、「グリーン車を担当している人のワゴン」とか、割合と限定されている予感があります(このワゴンには無い、別の売り子が持っている、と案内されたことが何度かあります)。

 中国製。新幹線マークが入っている以外は特別何があるわけでもありませんが、まあ聞こえれば良いので。ちなみに350円ですので、コンビニで買おうと思ってもなかなかこの値段では買えない領域かもです。安過ぎるので無くしてしまわないか、と思ったりしますが、いつも壊れるのが先で、かれこれ5台目だったりします。

 巻き取り式なんでそういうところは便利です。それが分かるように裏面も撮影しました。

新幹線のイヤホン(裏面)

※各画像はクリックすると無駄な微妙さに拡大されるようです…
author:足袋野 端雄, category:出張のお伴, 19:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/917