RSS | ATOM | SEARCH
名古屋市交通局 なごや→290円区間 無効|誤押印
 10月7日の名古屋市内への出張。名古屋駅で新幹線を降りて地下鉄乗り場へ。目的地「相生山」までは290円ということで券売機で購入、乗車しました。

 相生山駅で、きっぷを持ち帰りたいのだが記念に頂戴することはできないだろうか、と有人窓口で声をかけると、あぁ構いませんよ、と快く応じてくださいました。

111007 名古屋市交通局 名古屋→290円区間「無効|誤入鋏」.JPG

 先ずは赤ボールペンで「無効」と記入、その後スタンプ押し。その印影には「誤押印」とあります。ちょっと不思議な印象がありました。

 相生山での用務が終わり帰路。今度はなごや駅(名古屋駅で買ったきっぷが平仮名表記だったのであえてそう記しますが)で無効を申し出ると、

111007 名古屋市交通局 相生山→290円区間.JPG

 今度は無効のハンコのみ。

 駅によってやり方が違うもんだなあ、と感慨ひとしおです。

 因みに、2枚の乗車券をよく見比べると、微妙にフォントとかが違っている感じがします。錯覚でしょうか…。
author:足袋野 端雄, category:乗車記念印・無効印, 20:30
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
こんばんわ、はじめまして。「まめし」と申します。いつも拝見していましたが、初めてコメントさせていただきます。

名古屋市営地下鉄の切符ですが、なごや駅発行の切符は金額のボタンを押して発券する旧型の券売機で発券され、裏が茶色かと思われます。
一方、相生山駅発行の切符はタッチパネル式の新型券売機で発券されたものだと思います。裏は黒色になっているはずです。
フォントも旧型券売機に比べて、新型では文字が細くなりました。それにプラスしてICカード「manaca」に対応しています。

相生山駅は今年の3月に桜通線延伸で開業した駅のため、全ての券売機が新型のものを使っています。
P.S 私の家から相生山駅はそこそこ近いので、この記事を読んで驚きました(笑)
まめし, 2011/11/22 10:31 PM
まめし さん はじめまして。コメントありがとうございました。

 このたびはお近くの駅で「お騒がせ行為」をしてしまいまして申し訳ありません。駅周辺、環境が良いところなので驚いちゃいました。水辺の公園なんか良い雰囲気でした。

 さて、フォントの違いの券について、これは券売機の種類からして違う、ということ了解しました。おっしゃる通り、確かにきっぷの裏の色が黒と茶色で違いますです。なるほど、そういうことならと理解しました。勉強になりました。
 今後ともよろしくお願いします。
たびのはじを, 2011/11/23 8:04 PM









Trackback
url: http://www.tabinohajiwokakisute.net/trackback/877