RSS | ATOM | SEARCH
落胆の後…[京]京都市内→浜松 東福寺@1
 今回「トホホ」カテゴリーにアップするお話は、画像の「東福寺@1」発券の浜松までの乗車券、のことではなくて、この券を買うほんの数分前に起きた痛い事件のお話となります。


110915 [京]京都市内→浜松 東福寺@1.JPG

 その前にもうちょっと時間をさかのぼります。中之島界隈で仕事をしまして、お昼の、おけいはん中之島駅での出来事が非常に心地よくて、帰りも京都まで京阪で帰ろう、と会議終了後再び同駅に出向きまして、もう流石に手書きのは、と思って、自販機で普通に現金できっぷを購入し、電車に乗り込むわけです。京阪の路線にあまり明るくありませんが、幸いなことに昼頂いた特補に駅名がいっぱい書いてあって、(「近鉄奈良」とかまであるんですね)そりゃわくわくしなが見てたわけです。そして京橋で「一番速い(?到着が早い)奴」に乗り換えることができて。間もなく、車掌さんが回って来たので、

 東福寺まで。何百円分か足りないきっぷしかないので

 と中之島駅券売機で買ったきっぷを見せますと

 あ、降りたところに精算機がありますからそれでお願いしますね

 ということで、車補駄目でした(すまん、そんなこと考えながら乗っているからいかんのですね)。

 一番速いのから各駅停車に乗り換えて(速いのは停まらないので)初めての東福寺駅。電車をおりましてあたり見回すと、無人改札があって横に精算機。有人改札はみあたりません。え゛、きっぷ貰えないのかぁ!とがっかりしながら小銭を継ぎ足して清算券をゲット。ふと気付きました。そこはJRとの乗換改札。別のところにある階段を使って逆のホームに渡ればそっちにちゃんと有人改札もあったんですね。時すでに遅し。

 ということで、少しうなだれながら求めたJRのきっぷ。もう、米原大垣岐阜岡崎分割、とか言っている場合じゃなかったようです。
author:足袋野 端雄, category:トホホ, 20:00
comments(4), trackbacks(0), pookmark
Comment
>車補駄目でした

せっかくいらしてくれたのに、ほんとに残念でした。

京阪の車掌さんは今は補充券持っていないようです。
在阪大手私鉄ではスルッとKANSAIが導入された頃に廃止にした私鉄が多いようで、京阪だけでなく、阪急や阪神も同様だったかと思われます。
近鉄はJRみたいな端末を持ち歩いているようです。南海だけは紙束の補充券が存続しています。
ねこさん, 2011/11/12 10:53 PM
ねこさん さん

 車補持ってないのですね。全く勉強不足で恥ずかしい限りです。
 でもそうすると、あの時レチ氏は何のために車内を行ったり来たりしていたんでしょうか。車内で精算する必要がないとすれば空調の状態の見回りとか、乗車人数のカウントとか、かなあ。
たびのはじを, 2011/11/13 10:50 PM
>車内で精算する必要がないとすれば空調の状態の見回りとか、乗車人数のカウントとか・・・

そうなんです。
京阪の車掌さんは停車駅間がそこそこあれば、網棚の新聞を回収したり、空調の様子を体感で確かめたり、ブラインドの開け閉めなど、けっこうマメに動いていらっしゃいますよ。

阪神電車では、車内で「らくやんカード」の販売もしています。

ほんとに検札をするという光景は見なくなりました。
ねこさん, 2011/11/14 11:18 AM
ねこさん さん

 なるほどね、良く分かりました。下調べとか全然せずに申し訳なかったです。
たびのはじを, 2011/11/14 7:59 PM









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/867