RSS | ATOM | SEARCH
十河信二記念館→四国鉄道文化館 @鉄道歴史パーク
 高松・松山周遊ゾーン内での休日7月24日、伊予三島西条に赴き「四国鉄道文化館」を見学してきました。

 文化館の入場券は文化館では買えず、隣接する「十河信二記念館」の受付で「硬券(というには薄いが普通の軟券より厚い)」きっぷを購入しなければならないシステムです。それを買ってから文化館に行くと、入り口で鋏を入れて貰えますです。

110724 四国鉄道文化館 鉄道歴史パーク.JPG

 ということで入場。詳しいコメントは避けますがこんな展示があります。

 110724四国鉄道

 大宮の鉄道博物館や名古屋のリニア館・大阪の交通館とかありますが、いやまあお客さんも少なくてじっくり見学できました。

 時間を忘れて見学したので、松山に戻るのちょっと慌てましたです。

110724伊予西条

 あ、上の写真は文化館から見た伊予三島西条駅ホームです…。
author:足袋野 端雄, category:たび日記, 21:30
comments(6), trackbacks(0), pookmark
Comment
そもそもどこからC制ごめんと名付けたんですか?思い付いたんですか
切り捨て御免からですか?
高岡, 2011/09/10 4:01 PM
高岡さん

 よく聞かれます、これ(苦笑)。
 実は会社で旅費精算するときに事務の子から「後でわかりやすくなるようにカードで買ったらどうです?カード明細でいくら使ったかわかるから」と言われたのがきっかけなんです。
 結局会社で把握されているカード番号を使ったり使わなかったり、時には現金で買ったり、いろんな仕掛けをしたり…。
 結果、会社の総務(旅費管理)、その子が、私以上に運賃のルールとか勉強しているんですね、困ったもんです。
 という趣旨で「ごめん」です。高知の某駅とかもなはり関係ありません。
たびのはじを, 2011/09/10 10:08 PM
>会社の総務(旅費管理)、その子が、私以上に運賃のルールとか勉強

いまどき珍しいですね

大抵の場合は交通検索ソフトに任せたり
提出された旅費申請書で支給されますが(笑)

いかにマイナーなきっぷを使うしか手はないですね
hasi, 2011/09/11 7:49 PM
hasiさん

 わが社のルールでは出張者がどのような経路を自分で選ぼうが、「エキスパート」の第一候補の経路に従った、ということで旅費精算をするのが建前で、なんだかんだでも実際はその通りに支払われるわけです。しかし、最近は「乗車券分割」「特急券分割」「各種フリーきっぷとの組み合わせ」等の方法が分かって、「今回、いくら浮きましたね」などと独り言おっしゃってます。ま、会社のルールがそこまで踏み込めないので今のところ安泰ではありますけれど。

 で、その総務の子も産休に入るそうで。来月から担当してくださる事務の方、ご主人が小生のブログを読んでいらっしゃるようで、これまた手ごわいなあ、と思ったりしておりますです(泣)。
たびのはじを, 2011/09/11 9:59 PM
>>ご主人が小生のブログを読んでいらっしゃるようで

うかつなことかけませんね(笑)

精算が終了後でないとブログ書けませんね
hasi, 2011/09/12 9:16 PM
hasiさん

今日も引き継ぎで「エキスパート」の実習していました。彼女の気持ちの中では「んなもん、パソで調べるより足袋野に聞いたほうが間違いないじゃん」と思っていたに違いない、ではないか、そうあってほしいと思ったりしていましたが(苦笑)。
たびのはじを, 2011/09/13 10:06 PM









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/804