RSS | ATOM | SEARCH
手書きのきっぷください 周遊きっぷアプローチ多経路出補 沼津→宇多津
 7月22日からの2回目の愛媛出張には周遊きっぷ使用としましたが、往路は20日からの他の出張と合わせ技で多経路として「出補」で発券となりました。

 計算してみるとマルスでは無理っぽかったので、16日に経路や小生の連絡先などをメモにしたためて浜松駅窓口に提出、準備ができたら出直すので、ということにして翌日駅からの電話を待って出直し、ゲットしました。

110720 多経路出補充 沼津→多度津 周遊アプローチ.JPG

 窓口に出なおした際にはきっぷはできていませんでした。いつものように「今回の正解を別のメモに書いた奴」を参照しながら窓口氏がせっせと転写。小生も熱いまなざしで見守る、という構図。

 経路については下車印を参照いただければ大体のことはお分かりいただけると思いますが、

 沼津(東海)三島(新幹線)新横浜(横浜線)橋本(相模線)茅ヶ崎(東海道)大船(京浜東北)鶴見(品鶴)武蔵小杉(南武線)府中本町(武蔵野)西国分寺(中央東)甲府(身延線)富士(東海)岡山(本四備讃)宇多津

 です。

 なお理由があって、このきっぷは「三島」から使用開始(三島までは別のきっぷを使用→そのきっぷの紹介は後日)しています。浜松三島間は昨日報告(ここをクリック)の特急券で新幹線利用ですので、「新横浜のりかえ」で発駅代、長津田で途中下車する際にも下車印をお願いしたら「新横浜代」印をいただいたり、ちょっと見慣れない印影があります。

 宇多津に行くまでのぐるっと回るルートについてしばらく書くことになります。


author:足袋野 端雄, category:周遊きっぷ, 21:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/797