RSS | ATOM | SEARCH
3月11日(4) 静岡鉄道 草薙→新静岡 「大津波警報」
 発災の3月11日、15時少し前。JR草薙駅では「地震のため運転を見合わせます」の張り紙が改札前に掲示され、ただでさえ広くないコンコースには徐々に人が増え始めました。運転再開のめども無い、と。

 バスだ、と考え、静岡駅行きのバスが出ている静岡県立大学やその隣の静岡県立美術館のバス停から静岡駅を目指そうと、JR駅を後にしました。

 途上、静岡鉄道の踏切があり、脇には静岡鉄道の草薙駅。駅員さんがいたので聞いてみると、「運転している」とのこと。

 渡りに船、速攻で新静岡までの乗車券を購入すると、まもなく新静岡行きが入ってきました。ラッキーです。すぐに乗車。


110311 静岡鉄道 草薙→新静岡.JPG

 しかし、間もなく運転停止。車内放送では「大津波警報が出たため停止しています。場合によっては避難していただくことがあります」と。なんと津波ですか。

 東静岡駅前のガンダムは、助けに来てくれそうもないし。


 地形的にこのあたり、南側は県立大学等がある日本平が広がっているので南からの直撃は無いだろうが、清水港方面から回り込んでくるのもあるかもしれない。まあ、その日本平に登って避難なんだろう、と半分覚悟を決めたあたりで再度放送。

 「徐行で新静岡まで進みます」

 おぉぉぉ、動くのか。で、30分近くかけて新静岡まで。この日の運転は小生乗ったので打ち止め、全ての電車は車庫に入るのだそうです。改札もオープン状態で、いつも「絶対回収」の乗車券ですが、そのまま何の押印も無しに駅舎外へ。

 もう静岡市内も大パニック。JR静岡駅に行くとやはり全部運転中止。こういうときは慌ててもいけないのですが、この頃になると、津波の映像がライブで流れてきて、テレビモニターのあるところは黒山の人だかり。

 静岡宿泊も覚悟するが、心当たり電話しても、既に市内満室(チト遅かった)。で、コンコース内で野宿かなあ、と諦めかけた17時25分、下りのこだまが動き始めた、との情報。すぐに改札抜けてホームへ、となったわけです。

author:足袋野 端雄, category:乗車券, 21:00
comments(3), trackbacks(0), pookmark
Comment
静鉄って、乗車券「絶対回収」ですか?
おけはざま, 2011/05/10 11:10 PM
無事な帰宅なによりです。

そのとき私は
鹿児島中央駅におり、人であふれて
おりました。鹿児島県にも
津波警報が全域に
発令されていましたから。
高岡, 2011/05/11 8:21 PM
おけはざまさん

 静鉄は、私からは「絶対回収」なんです。過去一度もいただけませんでした(というか、「差し上げられません」と目を見て言われたことがありまして、涙)。いろんな方に話を聞くと「楽勝でもらえるよ」ということなんですが、小生の場合相性か日ごろの行いか、あるいは人相が悪いのだ、と半分諦めています。
 新静岡駅での対応だけかもしれないのでた駅でもチャレンジしたいとは思うのですが、今のところ新静岡駅での事例しかありません。


高岡さん

 あ、新幹線に手を振っていたのですか(違いますよね、あの収録は2月19日とか20日とかだったはずです)。
 

 業務連絡ですが、本日「きっぷスキャンしたデータ等」を収録しているパソを職場のロッカーに入れっぱなしで帰宅したため、本日ブログの更新は不可能です。
 っていうか、ケータイでこれだけの長文打つの大変ですね…(涙)。
たびのはじを, 2011/05/11 8:36 PM









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/686