RSS | ATOM | SEARCH
しなのサンライズ券 上田→長野 No.07001
 9月17日は早起きをし、上田駅前の安ホテルから長野市内に出勤です。もう一本前の各駅停車に乗っても良かったのですが、0733上田発の「[快速]しなのサンライズ」を利用することにしました。

 7時ちょっと過ぎに「しな鉄上田駅」に行きまして篠ノ井までの乗車券(昨日報告」を購入する際に、ライナー券というか、この乗車整理券はどこで買えば良いか聞きましたら、

 入場する際に有人改札窓口で買ってください

とのことでした。そんなわけで、改札通る際に乗車券とともに200円握りしめて乗車整理券を購入することにしました。

 一か月単位とかの「まとめ買いの券(定期券と併用する)」をお使いになっている方が多かったのですが、確かに私の前の方は現金で券を買っていまして、別に珍しいことではなさげです。

 でも改札の方が私の乗車券を見て「あ、篠ノ井止まらないよ。長野までノンストップだから!」とびっくりした表情。すかさず、わき道にそれていたため篠ノ井以北が未使用になっている「ぐるっと一周乗車券」を見せて、「大丈夫です、こっちのと合わせ技で使います(出札氏には説明したのですが・・・)」と。改札氏、安心した表情で「じゃ、200円いただきました。記念すべきナンバー1の券です」とこの券を出しました。ナンバー1ではなくてナンバー7001でしたが(笑)。

100917 しなのサンライズ券 上田→長野 上田駅発行.JPG

 実乗の場面ですが。別に座席指定しているわけでもないし、当然発券枚数も瞬時に管理しているわけではないとおもわれるので着席保証はないわけですが。途中止まらないので早く到達する、ことへの対価が200円だと思えば充分でしたが、小生の場合は奇跡的にお尻を預ける場所を見つけることができ、着席にありつけました。

※厳密なところハズレかもしれませんが「ライナー券」にカテゴライズして整理しておきます。
author:足袋野 端雄, category:ライナー券, 20:30
comments(2), trackbacks(0), pookmark
Comment
いつもサイト拝見してます。

しなの鉄道のサンライズ号のシートはリクライニングなのですか?
旧JR信越線のなごりありますか?
津のたか, 2010/10/24 5:46 PM
 津のたか さん。いつもどうもです。

 普通の169系です。ただ停車駅が少なくて速く着く、という列車で、車両が違うとか、ということではありません。

 いずれ記事にしますが、「しなの鉄道」は旧信越線の面影はまともに残っています。線路は複線(JR線たる篠ノ井線は単線ですもの、差がありすぎ)。軽井沢方面(昔で言う上野方面)が「のぼり」。しなの鉄道線の列車は全て(だと思う、例外があるのかもしれないが基本的に)長野まで乗り入れ。さらに直江津方面まで同じ車両で運用したりすることもあり。長野県内のJRみどりの窓口で売っている長野支社に特化したポケット時刻表(150円)には、しなの鉄道と信越線(篠ノ井〜直江津)が一体表記(比較しますが、篠ノ井線は中央西線と、中央東線は大糸線と、それぞれ一体に表示)。実際の運用体系もそれに近い感じがしますね。また、一部にJR貨物が乗り入れていますので、パッと目に「第三セクター」ってな感じがしません。
たびのはじを, 2010/10/24 9:12 PM









Trackback
url: http://www.tabinohajiwokakisute.net/trackback/508