RSS | ATOM | SEARCH
浜松→浜松 経由:浜松・新幹線・中央西・信越。長野・新幹線・大宮・東北・東京・(幹) 「大内回り」です
 9月16日からの出張は、名古屋経由長野で東京経由で戻ってくるぐるっときっぷとしました。浜松駅窓口3番窓口の手を煩わせました。

100916 浜松→浜松 経由:浜松・新幹線・中央西・篠井線・信越・長野・新幹線・大宮・東北・東京・(幹)

 今回の窓口の方は「絶対に80mmきっぷを出す」とのポリシーでいらっしゃったようで、小生が「自動改札にはこだわらないので長いきっぷでも良いですよ」と申し上げているのに「それでは不便でしょうから」と、なんでも「自動改札対応」で出す雰囲気。小生、なるべくなら有人窓口を利用したい人種なのですが、通じず(厳しい)。

 といいますか、過去にもこの経路のきっぷは80mmできちんと出ていますので120mmで出ることを期待すること自体、間違いです。過去記事は[ここをクリック]。今回は経路に「・大宮・東北」が追記されています。新幹線は大宮まで、と申し上げたからです。

 で、経路の一部は今回も当然のことながら券面上手書きです、しかも、最後の「新幹線」は「○幹」でございまして(苦笑)。でも百歩譲って、(磁気データがしっかりしていて)自動改札に通ればそれはそれで良いですけど。したがって、長野新幹線長野入場と、東海道新幹線東京入は自動改札対応とさせていただきました(笑)。

 これからしばらくの間、このきっぷ道中記でお茶を濁します。
author:足袋野 端雄, category:乗車券, 23:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://www.tabinohajiwokakisute.net/trackback/504