RSS | ATOM | SEARCH
諏訪湖新作花火 往復乗車券 2
 昨日の「1」の続きです。下諏訪駅では、特急列車など列車の行き違いのための停車時間が長かったため、軟券を買ってすぐにホームに戻りますれば乗ってきた電車が小生を待っていてくれ(ちょっと妄想です)、さらに岡谷に運んでくれました。

 岡谷でも窓口で「花火のきっぷください」と申し上げるとすぐに引出しから軟券の束を取り出して、「1枚ですか?子供用は?」と。なんか以前もこんな対応を経験したことがあるので調べてみたらやはり岡谷駅(苦笑)。詳細は過去記事のここをクリック。

100904 花火 岡谷.JPG

 30分もしないうちに後続下り電車が来ましたのでそれで塩尻に向かいまして。よせば良いのにまた下車して駅の様子を見てみますと、臨時発売用のセッティングをしている真っ最中ではありませんか!出札窓口で「花火のきっぷはあそこで売るんですか(=窓口では売らないのか)」と聞きますと、今すぐ開始しますからあちら(=臨時の机)で、とのことでしたので、準備状況を見ながら、開始を待ちました。

100904 花火 塩尻臨時販売.JPG

 当然1番乗りだったのですが、券番は6。

100904 花火 塩尻.JPG

 あれ?1番じゃないんですか?っと小声で言いますと、「あ、5番までは窓口のほうで…」とのこと。番号は小さいに越したことはないが番号フェチでもないので、ここはひとまず蓮舫(1番じゃなくても良い)しました。

 その際塩尻駅の方に伺いました。この先篠ノ井線方面ではどの駅までこの軟券を売っているのか、と。曰く、松本まで各駅全部で売っている、と。これ全部買ってたら財布が故障するなあ、と思い、このウマシカは塩尻で打ち止め、とし、松本までは途中下車せずに(後ろ髪ひかれつつも)直行です。

 でも、本来のこの日の目的地である松本駅でも、コンコースに女性駅員大集結させて売っていたので、ついつい買ってしまいました。往復券ですし、距離が距離なので、財布が猛吹雪なのですが。

100904 花火 松本.JPG

 ウマシカ通り超えて、大ウマシカ三太郎さん、状態です。松本駅の券だけ、改札で入鋏をしてくれませんでしたので、松本からの復路、乗った「あずさ」の車内で(もちろん、電車が上諏訪に到着するまでの間に)、特急券と一緒に出して入鋏していただきました。れちさん、「良いんですか?払い戻しもできなくなりますよ」と少し腰を引きぎみ(単に列車の揺れへの対応だったか?)ながらのスタンパーでした。
author:足袋野 端雄, category:乗車券, 19:30
comments(4), trackbacks(0), pookmark
Comment
軟券天国〜いいですね(笑)

花火のきっぷ下さい だけで通じるのが笑えました。

通し番号0001逃しましたね
hasi@花巻, 2010/10/08 8:18 PM
この他にこの日は、辰野・青柳・富士見でも発売がありました。全部買ったら倒産。
村井広丘, 2010/10/09 1:03 PM
hashi さん。 花巻からコメントありがとうございました。

 「花火のきっぷ」は茅野駅の窓口の向こう(駅員さん)が使っていたので、「これは面白い言い方だなあ」と即採用しました。見事に通じます。

 塩尻駅の「0001〜0005」はお客に売ったのか(窓口で前売りしちゃった)自分たちが出さずに押さえているのか、それは不明です。いや、どこかに落ちていたりして…。
たびのはじを, 2010/10/09 6:33 PM
村井広丘さん コメントありがとうございます。

危ういところで破産するところでした。辰野は気付きませんでしたね…。情報ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
たびのはじを, 2010/10/09 6:35 PM









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/492