RSS | ATOM | SEARCH
【大失敗談(泣きっ面に蜂)】崇城大学前駅にて
 8月9日朝、小生は大きな失敗に気づきました。予約していた帰りの飛行機は8月8日の熊本→静岡、既にこの時間で飛行機は飛び去ったあと、というか半日以上過ぎておりました。周遊きっぷの有効期限も8日で切れ。

 今までいろんな失敗をしてきましたが、こんなことは初めて。

 仕事のほうは最初から9日まで、ということになっていて、周遊きっぷを5日から使い始めればフルに使える、と踏んでいたわけですが、SL人吉の5日のきっぷが取れて1日繰り上げて熊本入りする計画を立てたのですからきっぷ上の最終日が8日になるのは自明。その際に、実際に帰るのは9日になるので9日は周遊きっぷは使えない、だから飛行機で帰る、という計画だったわけです。

 が、飛行機押さえるのを8日にしてしまったわけで。

 ということで、財布にでかい穴が空いた気持ちを抑え、この日は帰りの足を確保するのをどうしようか、ということを考えながら仕事をしていたわけです。

 昼過ぎに仕事が終わりましてさてきっぷの段取りを、ということになって。どうせなら「手書き」の奴を頂こうか、と考えて、「e-pos」の駅で、「本州の新幹線停車駅以外の駅まで」の乗車券を求めようと思い、いろいろ策を練りまして、

 市電でいける上熊本駅からひと駅博多に寄った「崇城大学前駅」に狙いを定め、汗びっしょりになるまで歩いて同駅に赴きました。

崇城大学前駅構内
※崇城大学前駅上りホームから 前方岡の上が同大工学部キャンパス。

 そんなわけで同駅にて。「浜松駅まで」の乗車券を買っては元も子もない(POSで出てしまう)ので、一駅先の天竜川駅までオーダーしますと、駅窓口氏時刻表で路線を調べると、「あ゛、時間がかかりますけど良いですか?」と。しめしめ。「夕方の特急に乗りますので時間はあります。あ、ついでに特急指定席もお願いします。」

 駅窓口氏、「あ、もっと時間かかりますよ」と。もっとしめしめ、です。

 さらにその後の駅員氏の一言に肝を抜かれました。

 「わかりました、準備しておきますので、先生。休み時間に状況の連絡をしますので携帯の電話番号を教えてください」

 あれ?先生っすか、小生。で、電話番号のメモを渡して、さらにうろうろしていると窓口氏「あ、電話しますので、大学でお待ち下さい」と。

 さて、どうしたもんか、小生はこの大学の先生になってしまいました。

崇城大学キャンパスから工事中の新幹線
※同大学キャンパスから(許可を得て入構)。鹿児島本線に寄り添う九州新幹線の工事の様子が見える。真中カーブのあたりが上熊本駅、奥が熊本駅。中央左に小さいが熊本城が見える。

 3時過ぎ、見慣れぬ電話番号からの着信に応じてみると件の窓口氏で「できました。出発まで窓口にて預かりますのでよろしく」とのこと。 

 やがて再び同駅に行きますと、21,220円と書かれたきっぷ入れを引き出しから取り出し、「この中に入っていますのでご確認ください。お代は21,220円になります。」とのこと。

100809 竜馬の旅 21,200円.JPG
※竜馬のきっぷ入れ。21220円のお買い上げです。

 手書きのきっぷなので現金払いだろう、と何も考えずに代金を支払うのですが、果たして、その手のきっぷがこの手のきっぷ入れに入る大きさなのだろうか、変なふうに折り目を付けられたはいないだろうか、ということに気付き。おっかなびっくりきっぷ入れの中を見ると。

 なんと。

 隣の上熊本駅で発券されたマルスのきっぷが入っているではありませか。

 小生びっくりして「あれ?手書きのきっぷになると思っていました。それに上熊本駅できっぷをこしらえたんですか?」と聞きますれば、窓口氏、

 「この駅できっぷを作ると手書きになるんです。自動改札も使えないし先生にご不便をおかけすることになりますから、上熊本駅で作ってもらって送ってもらったんです。

 満面の笑みです。そうなってしまうともはや「いやぁご配慮ありがたい!」と喜んで受け取るしかありません。っていうか、大汗かいてこの駅まで歩いて来て、時間をつぶしたのは一体何だったのか。やはり日頃の行い、以外のなにものでもありません。

 その中身のきっぷ自体については明日にでも。
author:足袋野 端雄, category:トホホ, 18:45
comments(10), trackbacks(0), pookmark
Comment
飛行機のチケットは普通運賃だったのでしょうか?
であれば、5千円くらいの取り消し手数料を払うだけで、再度使用できますよ。90日間有効です。
根津千駄木, 2010/09/22 12:33 AM
マルス券で残念ですね・・・(笑)
お隣という手で来ましたか・・・・

「手書き」のきっぷでと指定しないとダメですね
その駅なら「研究の一部として手書きでお願いします」と言えますね
hasi, 2010/09/22 9:03 PM
根津千駄木さん いつもありがとうございます。

 飛行機ですが、電車と関係ないので端折ったのがまずかったので少し書きます。フジドリームエアラインズの、ある意味早割りの類の券でして、キャンセル料が8000円、で当日乗りなおすには正規運賃との差額何千円かが必要、ということだったので、「だったら電車で帰ろう」と思うに至った次第です。

 それにしても悔しいです、日を間違えるなんて電車を間違える以上の惨状です。これからも見捨てないで応援よろしく(泣)。
たびのはじを, 2010/09/22 10:29 PM
hasi さん はじめまして。よろしくお願いします。

 最初から「手数かけますが、出補と料補でお願いします」と明示しないと泣きますね。次回機会があったらリベンジを、と思っております。はい。
たびのはじを, 2010/09/22 10:31 PM
JR九州の駅員さんなかなかやりますね。
遠方まで出張される大学の先生に手間をかけては
いけないという親切な心素晴らしいです。(笑)

たびのはじをさんの旅行コラム楽しいです。
今後も楽しみにしています。(^^)b
, 2010/09/23 8:14 AM
たびのさま
早割では仕方ないですね。あれは、変更不可だし航空会社に責任がない限り、何の救済もなし。。。
そのくせ天候不順で運休になると無手数で払い戻されるだけ。代替交通機関の手配もなし。。。
まあそれが前提の割引航空運賃ですが。。。
根津千駄木, 2010/09/23 6:28 PM
名無し様 コメントありがとうございました。

 駅員氏に悪意は感じられません。お客の立場に立ってみると、出札補充券とかでは不便だろう、と思うのは当然のことですので。自分恨んで駅員恨まず(というか、窓口氏に感謝!)。接客業とは、突き詰めればこうでなければいけないのかもです。逆に「手書き」が欲しいならはっきりそういわなきゃ!大いに感謝と反省の日々です。
たびのはじを, 2010/09/23 10:19 PM
根津千駄木様 愛情あふれるコメントありがとうございました。

 富士ドリームエアラインは静岡の会社なので県民としては使えるときに使いたい、とは思っています。でも航空会社はそれなりの理由、というか料金体系もあるものですから、それはそれで受け入れないといけないと思います。

 鉄を自称(このブログをお読みの皆様からはどう思われているかは分かりませんが)しているのですから、翼に浮気したのがいけなかったのかもしれませんし。鉄でも早割り系はありますので、リスクとベネフィットを天秤にかけてこれからも選びたいところです。
たびのはじを, 2010/09/23 10:20 PM
名無しコメントは私です。
名前入力を忘れてしましました。(^-^ゞ

今後は気をつけてカキコしますね。(^^)
ジャージー牛乳, 2010/09/24 12:30 AM
ジャージー牛乳様

 記録されていたIPからも確認です!
 これに懲りず今後もよろしくお願いします。
たびのはじを, 2010/09/24 6:56 PM









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。