RSS | ATOM | SEARCH
【車窓】SL人吉(最終回) 一勝地駅・坂本駅・熊本駅
 SL人吉の最終回です。

100805 SL人吉一勝寺駅.JPG
※一勝地駅で撮影


 車内ではいろいろありました(例えば完全に空調が効いている客車なのにトンネル内で窓を開ける人がいて大騒ぎになる・例によって車内で乗客一人一人の顔を撮影していく人がいる←流行っているんですかね、あちこちで見かけるんですが等)が、SL人吉は順調に球磨川に沿って八代方面に向かいます。

 途中一勝地駅では、地元の農産物等の売店がホームに展開していたり、歓迎ムードは高め。ただ、この駅、構内でのSL撮影にはホームわきの電柱がじゃまです、近づくと一番上のような写真は撮れます。れち氏が「引いた写真なら坂本駅のほうが撮りやすいよ、電柱とかないし」と薦めてくださったのでしばし乗車。参考までに、↓こんな感じの駅です。
100805 SL人吉一勝寺駅遠景.JPG
※一勝地駅構内遠景です。


 坂本駅では客室乗務員嬢が「写真撮りましょう」と声をかけてくださり、恥ずかしながら(ブログで公開するには見苦しいので、画像処理しました)。
100805 SL人吉坂本駅.JPG
※この写真はクリックしても拡大されません

 確かに、ここ、停車時間も長いですし、乗客自身がいろんなアングルで撮影ができそうな駅です。乗務員さんの許可を得た何人かの若者が、切通し的になっている進行方向右側(上の写真でいうと左に写り込んでいる)のブロックの上にまで駆け上がり(立派な階段がついています、決して「けもの道」とかではないですね)俯瞰するであろうアングルで撮影していました。小生はその石段を見て怖じ気づき、また先に走り出した若者が、列車全体を見渡した際に小生がホームわきで立ちすくんでいては邪魔だろうから、と早々に車内に消えました。

 さて、八代からは「田園風景」が広がるのですが、八代駅では「新八代・熊本方面は跨線橋を渡った先にいる電車に乗り換えた方が早く着きます」などというある意味親切な、別の意味ではおせっかいな(←これは失礼か)アナウンスが流れ、先を急ぐみなさんなどは乗り換えられ、客車内に残る人は数少なくなりました。

 やがて昨日カキコした「あそ1962」との並走、という最大のイベントも無事済み熊本駅に到着。

100805 S人吉熊本駅 駅名標.JPG
※向こう側には有明13号

100805 SL人吉熊本駅 喫煙所前から.JPG
※左の高層ビルは東横インです。ここの鉄道側の部屋って、鉄系の人にはたまらないでしょうね

100805 SL人吉熊本駅 向かいホームから.JPG
※リレーつばめ19号を見送って撮影

 お尻にDE10を連結して、引き上げていきました。小生この日はこのあと三角線を一往復して駅前の宿に向かいました。宿に着いたら20時を回っていました…。6日からはバリバリ仕事ですわ。

author:足袋野 端雄, category:たび日記, 18:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。