RSS | ATOM | SEARCH
名古屋から名鉄の「豊橋行き特急」に乗ったはずが…
特急伊奈行き

 1月14日は、名古屋から名鉄特急に乗って豊橋に向かいました。このときは例の「東京長野経由で京都に向かう」という京阪神周遊きっぷのアプローチ券の使用途中だったのですが、名古屋まで駒を進めてきた時に一旦浜松の職場に帰らなければならないことになり経路を逸脱したものです。周遊きっぷに名古屋の途中下車印があるのは、マジで名古屋でハンコをもらっておかないと、再びアプローチ券に戻るときにどこまでがどうなっているのか分からなくなってしまうからでもありました。有人改札氏に事情を話すとすぐ分かってくださったので良かったです。

 その後浜松までどうやって行こうか考えたのですが、少しでも安く、ということで豊橋まで名鉄を使うこととにして、地下の名鉄の名古屋駅に向かいました。

 自動券売機で豊橋までのきっぷを買いホームに向かうと凄い人の群れ。さすがの通勤ラッシュでもこうはならん、と思っていますと構内放送で、

 犬山線内で人身事故で運転見合わせ よって他の路線も大幅に遅延

 と言っていました、なるほど。でも、遅延はどうでも良くって、要は「次に来る豊橋特急」に乗れさえすれば良いわけで。

 間もなく、豊橋行きの特急が入線してきました。ダイヤ上では1時間近くの遅延らしいのですが、私はホームで10分ほど待っていただけです。それはすし詰め状態になり。でも、何かのはずみで、座れてしまいました。これは不幸中の幸いと、負けぎみだった眠気に制圧され、深い眠りにつきました。どうせ終点までいけば目が覚めるでしょうから。

 で、目が覚めたのは、豊橋駅の一つ手前の「伊奈駅」。ここが終点だという。あれほど乗っていた人は皆ホームに降りている。小生に声をかけた乗務員さんに聞くと、

 名古屋本線は全体が遅れている。ダイヤを回復させるためにこの特急は伊奈で運転を打ち切って、折り返し伊奈始発の臨時名古屋方面の特急となる

 と。え?折角特急に乗ったのに。寒いホームで、後続の普通電車を待つんですか?と寝ぼけ半分に申し上げると、

 すぐの後続は犬山線の影響をほとんど受けなかったセントレアからのミュースカイですよ。本来停まらないこの駅に臨時停車して、この特急に乗っていたお客さまを全員収容して豊橋に向かいますから。

 何となく理解して(でも納得できなかった)電車を降りると、なんと乗ってきた特急の行き先幕がいつの間にか「伊奈行き」になっている(写真画質悪くてすみません、ケータイのノーマルモードで慌てて撮ったものですから)。

 乗って来た幻の豊橋行きは、小生がこの写真を撮るや否や(っていうか小生が最後に降りた客らしいが)、一旦豊橋方面の引き上げ線に入り、すぐさま名古屋行きに方向を変えて隣の名古屋方面行きホームに入線、あっという間に名古屋方向に旅立っていきました。

 入れ違いで、後続のミュースカイ豊橋行きが臨時停車。ホームで難民生活(←かなりな被害妄想)をしていたお客様全員を収容して終点豊橋に向かいました。めでたしめでたし。
author:足袋野 端雄, category:「うや」遭遇, 00:19
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://tabinohajiwokakisute.net/trackback/262