RSS | ATOM | SEARCH
「キハ185-20」車内で全面展望を楽しそうに撮っている「乗り撮り鉄様」を撮ってしまった
 100213 むろと1号 車内で.JPG
※写真をクリックすると無駄に大きくなってしまいます。

 記事の順番が相前後して誠に恐縮なところですが、すぐに「たび日記」として記事にしたい案件がありまして。ここ数日「よんてつ管内(四国)」におりましたが、その時のお話です。

 2月13日は、徳島駅から「キハ185(特急むろと)」に乗車しました。事前に指定をとってはありました。下りは進行方向前側数列が指定席なのですが、小生にアサインされたのは左側(運転席の後ろのデッキとの間には壁があります)の2列目。右側は前方デッキ側の壁がガラスでして前が広く見渡せます。ま、全面展望。うらやましいけれども、柄でもないので(?)小生的には充分です。

 小生が利用した「むろと1号」は阿波池田から牟岐方面に乗り入れてくるやつ(阿波池田08:33発5050D・徳島09:51発5051D)で、徳島駅で多くの客(乗務員も)が入れ替わった中で右側先頭、いわゆる「前面展望席」の彼氏はそのまま。私の席から彼の挙動が良く見えたので、若干不謹慎でしたが、車窓よりも、彼の観察、を楽しみました。

 カメラ機材は携帯電話に毛の生えたようなやつでしたので、ときどき私が撮るスナップと同じレベルです。何やらの資料か小さな字で印刷してあるものとを見て、あらかじめ撮る地点を決めていたかの如く、ぱちぱちと撮っていました。

 でもほんと、楽しそうでした。私は「撮り鉄」さんにはあまり興味が無かった(というか自分が写真が下手なのでそう思っているのです)のですが、このジャンルが楽しいんだろうな、ということを知りました、です。

 小生も嫌いじゃないですよ、もちろん。小田急や名鉄の展望席では時々「指差」したり「乗降終了・レピーター点灯!」等と口ずさんだりしますから、ハイ。

 私もこの席に座ったらきっと同じことをしてしまうんだろうな、と思いながら、彼の後姿を激写(念のため、目線を入れました)。

 海部やその先阿佐海岸鉄道方面まで行かれるのかな?と思っていましたが、阿南だったか、まあ途中で降りて行かれました。その後空席となりましたが、今思えばその席に小生が移っても良かったかな…(←未練一杯)。

 実は今回のよんてつ方面出張(順番が来たらちゃんとこのブログで報告します、何しろ一ヶ月近い遅延なので3月の中旬ごろになるでしょうか)では、「むろと」には、1号・2号・3号と3度乗っているのですが、経験値的には全てとても鬼門。この「全面展望君」の写真が撮れたことがだけが唯一の喜びでした。

 で。彼の写真を撮っている小生の写真が、どこかのブログに載ったとしたら自業自得だったりします…。
author:足袋野 端雄, category:たび日記, 16:35
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://www.tabinohajiwokakisute.net/trackback/261