RSS | ATOM | SEARCH
ひかり500号 浜松→東京 N700+

100113 ひかり500 浜松→東京

  長野がらみ「京阪神周遊きっぷ」の往路、アプローチ券が「東京・長野・名古屋経由京都」であったわけですがその使用第一弾、東京までの新幹線特急券です。


 ごく普通の「毎朝浜松発N700こだま・ひかり」の特急券で、これといって変わったことはありません。きっぷはまったくノーマル(喫煙ブースの近く、っていうところまでユーザの希望にあっています)なのですが、運用がアブノーマルでして。


 この特急券と併用する乗車券(周遊きっぷのアプローチ券)にはパッと見「浜松→[京]京都市内」と書かれているわけで、普通この記述があれば「浜松→京都」のまあ新幹線沿線で使うきっぷです。こいつを、「新幹線東京駅」でみると『なんだこりゃ!』ということになって当然です。


 小生はもちろん確信犯。


 JR東海東京駅(新幹線改札)でこの特急券とアプローチ券を出して「特急券は子供のお土産にしたいので無効にしてください」と窓口しに申し上げた際の先方の、


 豆鉄砲食らったような鳩の目


 はいまだに印象に残っています(10秒以上は凍り付いていました。経由欄をしっかり確認していたのでしょう。っていうか、パッと見、絶対に逆方向ですから)。っていうか、意地悪ですね、小生。

author:足袋野 端雄, category:特急券・指定席券, 18:59
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://www.tabinohajiwokakisute.net/trackback/259